• ホーム
  • アフターピル服用後に出血する理由

アフターピル服用後に出血する理由

薬を飲んでいる女性

アフターピルを飲んだ後に出血が起こることがあります。
これを消退出血と呼んでおり、消退出血があれば妊娠していないと判断することができます。
消退出血が起こる日数は人によって違い、一般的にアフターピルを服用してから3日~3週間以内に起こります。
アフターピルは服用することで妊娠する可能性を低下させることができ、避妊に失敗してから72時間以内に服用する必要があります。
アフターピルに配合されているのは女性ホルモンのプロゲストロンと同じ作用を持つ物質です。
プロゲストロンは子宮に受精卵が着床できる状態にする働きがあるので、アフターピルを飲むと子宮は「プロゲストロンが分泌されている」と判断します。
しかし時間が経過するとアフターピルに配合されていたプロゲストロンと同じ作用を持つ物質が体外へ排出されてしまうため、子宮はプロゲストロンが減少した状態になります。
今ある子宮内膜は「妊娠が成立しなかったから不要になった」と身体が判断して剥がしてしまいます。
これが生理の起こる仕組みなのですが、これを同じことをアフターピルは人工的に引き起こしているのです。
これが消退出血の正体です。
この効果は受精卵が着床してしまった後では意味がないので、避妊に失敗してから72時間以内、できればもっと早く飲むことが重要なポイントとなります。
子宮内膜が剥がれてしまえば受精卵が出来ていたとしても着床することができないので妊娠を防ぐことができるので、消退出血があれば妊娠していない、と判断することがでます。
万が一アフターピルを服用してから3週間ほど経過しても消退出血が起きない場合には妊娠してしまっている可能性があります。
病院に行って検査を行ってみるようにしましょう。

関連記事