• ホーム
  • アフターピルの比重が高い理由と腹痛の副作用

アフターピルの比重が高い理由と腹痛の副作用

緊急避妊において、アフターピルの比重が年々高まっています。
日本では長い間、中用量ピルによる緊急避妊が行われてきましたが、女性の体に対する負担がアフターピルに比べて高いことや、2回服用しなければならないことなどがあるために、現在ではほとんど使用されていません。
中用量ピルは吐き気が起こりやすく、薬をすぐに吐き出してしまうこともあるので、避妊率が低下してしまうこともありましたが、アフターピルの場合は、黄体ホルモンだけを上昇させるので、吐き気の副作用があまり起きないので、避妊率が非常に安定しています。
腹痛に関しても中用量ピルのほうが症状が重いことが多く、腰痛も伴うので、女性にとっては大きな苦痛を伴っていました。
しかしアフターピルは腹痛や腰痛が起きたとしても薬の効果が消失すれば元に戻るので、痛みも少なく、短時間で副作用が軽減するメリットがあります。
アフターピルは副作用が少ないというメリットによって、世界的に普及をしているのですが、連続して服用することができないので、コンドームを使用したり、低用量ピルを服用するなどして日常的に避妊をしなければなりません。
多くの場合は、望まないセックスを強いられたり、コンドームが破損するなどして膣内に射精されてしまった女性が服用するのですが、薬に対する知識が不足していると、アフターピルに頼りきってしまって、避妊をおろそかにする人も増えてしまいます。
ピルには血栓症のリスクを上昇させるという副作用があるので、繰り返し服用すると血栓ができやすくなります。
血栓症の予防は水分摂取を増やしたり、定期的に運動をすることでできますが、初期症状を理解しておくと早期発見することができるので、リスクを低下させることができます。

関連記事