• ホーム
  • アフターピルで生理が遅れたり、貧血になったりする?

アフターピルで生理が遅れたり、貧血になったりする?

考える女性

アフターピルとは、女性が緊急避妊をするための薬です。
緊急避妊とは、避妊をせず性行為を行った場合や避妊に失敗してしまった場合に緊急的に避妊処置をとることをいいます。
性行為から72時間以内にアフターピルを服用すれば、受精を防げたり、子宮への受精卵の着床を阻止することができます。
このアフターピルですが処方箋が必要になりますので、病院で入手することが基本となります。
またヤッペ法とノルレボと呼ばれる2つの種類があり、それぞれで微妙な違いがあります。
健康な男女が避妊をせず性行為を行えば、妊娠するのはとても自然なことです。
アフターピルはそれを薬によって阻止するわけですので、体には当然負担がかかります。
怖いのが、生理が正常にこなくなったり、貧血になってしまうなどの副作用です。
まず生理が遅れるという可能性ですが、この可能性は十分にあります。
アフターピルはホルモン剤のため、生理周期を乱す場合があります。
通常は服用後3日以内に出血が起こりますが、これがない場合は妊娠している可能性もあります。
また排卵日の前後に服用した場合、生理が1ヶ月に2回くるなどの生理不順になる可能性があります。
次に貧血になる可能性についてです。
これに関しては極めて可能性が低いといえるでしょう。
アフターピルの服用後には出血をしますが、これは排卵による出血か生理による出血です。
通常よりたくさん血がでるといったことはありませんから、貧血になるといった副作用はないと考えられます。
ただし女性ホルモンが急激に活発化するため、吐き気やおう吐などといった副作用が出る可能性は十分に考えられます。
アフターピルは便利な一方で女性に大きな負担がかかりますから、使用には注意が必要といえるでしょう。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧